ハゲの深い悩みをどう克服するか?

ハゲは確実にしのびよりいつしか進行します

このサイトをご覧になっているみなさんのハゲの度合いは様々だと思います。ご年齢も20歳代や30歳代の若い年代の人たちから、ご年配の方まで様々でしょう。

とても大勢の人たちが、人に相談できないで、悩みを抱えているといわれています。いまやハゲに悩む人は日本で1300万人に及ぶという調査結果もあるそうです。

個人的な話ですが、私が悩みにいたった経緯を話しましょう。

私は、若いころ朝起きると、ヘアクリーム・ヘアワックスや蒸しタオルを全部駆使しても寝ぐせが直らないほどの剛毛でした。しかしながら、35歳を過ぎたころから、ブラシを少し当てれば、寝ぐせは簡単に直せるようになりました。

そのときは、自分の髪に急激な変化がでてきたとは思いもよりませんでしたが、そこからしばらくして38歳のとき、親しい彼女から、後頭部を触られ「地肌が見えてる。。」と言われて、愕然としました。

もともと、白髪が多かった私は、白髪が地肌に見えているだけなのではと疑いましたが、鏡で後頭部を映してみると、びっくり! 白髪に交じって地肌がはっきりとむき出しになっているではありませんか。

彼女の指摘ではじめて、自分の髪の腰が徐々になくなって、抜け毛が多くなって、いつの間にか薄毛になり、普段は自分が見ることのない後頭部がハゲてきたことに気付かされたのです。

周囲の人たち、職場の人たちも、私が薄毛になってきているのは気づいていたんでしょうが、私に気遣って指摘をしていなかっただけだったんでしょう。たまたま、彼女が気にしてくれて、私に本当のことをいってくれたんだと認識しました。

地肌が見えているのを自分で認めることはショックでした。年齢だから仕方がないという思いもありましたが、すぐにあきらめられない気持ちもありました。このあるべきものがなくなった時の無念さは、髪の毛が薄くなってみないとわからない、髪の毛が薄くなった人にしかわからないものです。

このときから、私のハゲ克服の努力がはじまりました。試行錯誤してたどり着いた、私のお勧めの克服法を是非広く皆さんに知ってもらいたいと思い、このサイトを作りました。

H2タグ・ページの小見出し部分です。

記事の本文です。サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル

H2タグ・ページの小見出し部分です。

記事の本文です。サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプル